忍者ブログ

シアワセ ユキ の小部屋 (本宅) 3号室

ここへ引っ越ししました。実生活ではなかなかできないですね(^_-)-☆

断捨離-1


    ひとつ品物を買ったら、ひとつ処分しなくてはいけない。
必要な物だけを必要な数だけと思いつつも、気がつけば身の回りが品物だらけである。
愛着の有る物、想い出の物、まだまだ使える物などはまだ良い。
何となく捨てる機会を逃した物、ただ勿体ないと思ってるだけの物や、
酷いのは何が入ってるかわからないもの、、、など、
何十年も前の埃だらけの物まで出てきた。
部屋の中が狭くなるのも当然である。
タンスや小物入れなどは満杯状態である。
思い切ってここ10年間は使って無くて、今後1年は遣わない物を処分する事にした。
その中には当時夢中になって使ってた物や、逆に買ったままの物までが混在していた。
テレビなどで、『ゴミ屋敷』とか騒がれているけれど、多少は似てるのかもしれない。
あと何十年健康体でいられるのかわからないが、
元気なうちに身の回りの整理をしておかなくてはならない。
気がつけば荷物の下敷きになって、亡くなってたなんてならないように(^v^)



 バブル?の最中に大量買いしたスーツ。これ以外に常時使ってたモノで、洋服ダンスは満杯状態。値札の付いたままのモノを、このたび処分。勿体ないの気持ちで、何十年タンスの中を占有していた(^_-)-☆ これはその中の一着。体重の増減は多少有ったものの、着ようと思えば着られる。ただ着る機会が全くない環境になった今、お荷物でしかない代物である。よくもこんなに買ったものだ、と今となっては感心するしかない。全てに関し、あの当時はバブッていた。 パソコン2台目の時に買った解説本の数々。結局見よう見真似でパソコン本体と格闘し、これらの本は使わずに終わり、いつしか部屋の片隅の本箱へ仕舞われてしまった。今ではパソコン通信などの文言も死語である。 大阪の天王寺と阿倍野と西宮の住宅地図である。この存在も忘れるほど時は経ってしまった。当時或る人の行方を追って買った物。すぐに処分するべきモノなんですが、男というのはなかなか過去との決別が出来ないイキモノ。






PR